議会報告

大阪府コロナワクチン接種センター視察(6月17日)

6月19日から開設されます、マイドームおおさかでの大阪府コロナワクチン接種センターの説明会に本日行って来ました。
市町村のワクチン接種を補完するため、1日2000人規模の集団接種を行います。府内に住民票のある65歳以上、(高齢者接種完了後は64歳以下まで拡充)
6月15日から受付も始まっています。
詳しくは府のHPをご覧くださいね。
https://www.pref.osaka.lg.jp/annai/moyo/detail.php...

 

大阪府議会5月定例議会(一般質問)

6月1日、府議会一般質問で登壇しました。
内容は1、知事への緊急要望に対する措置状況で、コロナ禍で困難を抱える女性に対する支援、災害備蓄物資の有効活用で生理用品の活用で府立学校での配布、ひとり親家庭住宅支援資金貸付事業、
2、周産期グリーフケア支援
3、肝炎対策(肝炎ウイルス検査)
4、宿泊療養支援
地元からの要望での
5、JR学研都市線(住道駅から忍ヶ丘駅)の高架化
以前から取り組んでいよいよ国史跡指定に形が見えてきました
6、飯盛城跡の国史跡指定、史跡指定後の保存活用計画策定に向けての府の支援を求め質問しました。

質問と答弁はこちらをクリックしてください。

 

新型コロナウイルス感染対策に対する会派緊急要望

3度目の緊急事態宣言発令を受け知事へ公明党会派として緊急要望を行った。(4月26日)

要望内容はこちらをクリックしてご覧ください。

 

大阪府肝炎定期検査医療費助成実現

肝炎患者会や団体から6年前から要望を受け一般質問、また公明党代表質問、政策要望、委員会質疑など国会議員との連携で継続して取り組んでまいりました肝炎対策。2021年、4月1日から大阪府肝炎定期検査費用助成が実現し、会派に肝炎団体からお礼と意見交換に来られました。

2021年、4月1日から大阪府肝炎定期検査費用助成については府のホームページ「大阪府肝炎対策」をご覧ください。こちらをクリックしてください。

 

新型コロナウイルス感染対策に対する会派緊急要望

「感染防止策の強化を」!
丁寧な説明と周知を求めて吉村知事に緊急要望!
昨日、公明党大阪府議団として、大阪など3府県に対する新型コロナウイルス対策の改正特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」の適用を政府が正式決定するのを前に吉村洋文知事に緊急要望を行いました。
飲食店への時短要請を求めるにあたり、飲食店内でのアクリル板や二酸化炭素(CO2)濃度の測定センサーの設置費補助制度の創設や、府が発行する「感染防止宣言ステッカー」に認証制度を設けるなどの要望。
コロナ禍で困難を抱える女性への支援強化
府として、「ひとり親家庭住宅支援資金貸付事業」、就職活動支援、府と関係機関が連携して経済的な理由で生理用品が買えない女性への支援策、相談体制の更なる充実や居場所づくり提供などの支援を強化する事なども併せて要望しました

要望内容はこちらをクリックしてください。

「まん延防止等重点措置の適用要請等に関する緊急要望」

「コロナ過で困難を抱える女性に対する支援に関する緊急要望

 

2021年2月定例議会商工労働常任委員会知事質問

3月18日、商工労働常任委員会が開催され知事へ質問しました。
主な内容の質問と答弁はこちらをクリックしてご覧ください。

(コロナ過における雇用対策について)(府内中小企業DXの推進について)

 

商工労働常任委員会知事質問(2021年3月18日)

2021年2月定例議会商工労働常任委員会質問

3月12日、商工労働常任委員会が開催され質問しました。

主な内容の質問と答弁はこちらをクリックしてご覧ください。

①大阪府営業時間短縮協力金について

②コロナ過における雇用対策について

③就職氷河期世代の支援について

④府内中小企業DXの推進について

⑤男女参画社会の実現に向けた商工労働部の役割について

 

商工労働常任委員会質問(2月定例会)

2020年9月定例議会商工労働常任委員会質問

12月9日、商工労働常任委員会が開催され質問しました。

主な質問内容は1.コロナ禍における緊急雇用対策(府は就職に繋がるサイト「にであう」を開設、再就職支援に取り組みます。
2.セミナーの受講拡大 3.新卒学生への支援、4.女性の就業支援、5.コロナ禍における商店街支援、6.事業承継支援についてです。
決算では、雇用就労支援事業についてです。


◇質問内容はこちらをクリックしてください◇

 

新型コロナウイルス感染対策に対する会派緊急要望

11月25日、公明党府議団で新型コロナ感染が拡大しているのを踏まえ感染の急速な拡大阻止の為に知事へ緊急要望を行いました。
主な内容は、感染症対策の強化、検査・医療提供体制の強化、高齢者施設のクラスター対策の強化、医療従事者等への支援、社会経済活動への支援、コロナ禍での相談体制の強化などです。 
会派として新型コロナ対策に全力で取り組んでまいります。

◇要望内容はこちらをクリックしてください◇

 

大阪府議会出前授業

「大阪府議会出前授業」開催❗️
11月16日、、府議会では、府民に開かれた議会を進める中で、出前授業を住吉区にあります大阪府教育センター附属高校で開催し各会派を代表して話しをしました。
「生活と政治のつながりや府議会の役割、条例(自転車条例)の紹介、府議会定例会概要報告」を行いながら、様々な質問も受け、高校生に府議会を身近に感じてもらえたらと思いながらお話しをさせて頂きました

 

府議会9月定例議会

9月定例会開催

9月30日には前半の採決もありました。
また、夜は久しぶりの党の会合。
大東支部地区委員会をコロナ対策を取りながら行ないました。
フェイスシ-ルドガ-ドも使い消毒も徹底しての開催です。
市政での取り組み、府政報告もさせて頂きました

 

府議会8月臨時議会

8月21日、府議会本会議代表質問
会派の代表質問では、肥後幹事長が登壇し質問をしました。項目は新型コロナウィルス感染症対策(社会、経済活動と感染拡大防止の両立に向けた休業要請と補償について)特別区設置協定書についての内容です。

 

新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望を知事へ行う(4回目)

6月26日、公明党府議団として、吉村知事に対し新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望を行いました。
感染状況は、府民の皆様の多大なるご尽力により、現在減少傾向で推移しているものの、ウイルスは今なお存在しており、感染第2波・第3波への備えに万全を期すなど依然として油断できない状況にあります。
国においては過去最大規模となる第2次補正予算が成立しました。
府としても国の財源を活用し、中小企業支援や雇用対策、医療提供体制の強化など、府民生活を守る施策の取りまとめが急務です。
中小企業等への支援・雇用対策や医療体制等への支援、教育・芸術文化支援、災害対策など24項目にわたり要望しました。

要望内容はこちらをクリックしてください

 

令和2年5月定例議会(討論)

5月26日、5月定例議会本会議で一般質問では会派を代表して藤村議員が新型コロナウィルス対策について府民の声、現場の声を多岐にわたって質問しました。
私も会派代表しての討論をしました。
補正予算では、中小企業支援、休業要請外支援金や府立学校におけるオンライン学習環境整備費など可決しました。

討論の内容はこちらをクリックして頂きご覧ください。

 

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止への知事要望(第3回目 5月14日)

5月14日公明党府議団は知事へ3回目の新型コロナウィルス感染症に関する緊急要望を行いました。
主な内容は中小企業への支援、検査体制の拡充、医療機関や医療従事者への支援、福祉施設への衛生品の安定供給、視覚・聴覚障がい者への情報提供、障がい者の工賃支援、教育ではオンライン授業、児童生徒へのケア、芸術文化施策活動支援、人権への配慮、公共料金の負担軽減など。
府民の声を反映した22項目です

要望内容はこちらをクリックしてご覧ください。

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止への知事要望

府議会公明党議員団で3月23日、知事へ会い新型コロナウイルス感染症拡大防止に向けた追加対策の要望を行いました。

内容は①融資制度の審査機関の短縮②府の要請で中止・延期となったイベントなどに係る経費の補填③医療機関や社会福祉施設へのマスクや消毒液の安定供給④家計の急変により収入が激変した世帯の学生への就学支援⑤府民向け電話相談窓口24時間化などです。

吉村知事は「しっかり受け止める」と応じました。

 

2020年2月議会商工労働常任委員会

府議会商工労働常任委員会か開催され質問を致しました。
内容は今の新型コロナウィルス拡大に対する中小企業への影響や対策、助成制度の活用促進、また就職氷河期世代への支援、全国でも先進事例として取り上げられています、地元四條畷市清滝住宅を活用した住宅つき就業支援を氷河期世代まで拡大して支援できるように質問しました。
前向きな答弁を頂きました。

質問内容は、こちらをクリックして下さい。

2020年2月定例議会本会議

2月25日から府議会本会議2月定例会が始まりました。3月24日までです。
開会前に日本センチュリー交響楽団によります議場コンサートもありました。
知事の府政運営方針もあり、来年度の予算や議案など重要な案件がある2月議会になります。

 

2019年9月定例議会本会議一般質問(12月16日)

主な内容は1.肝炎対策(肝炎コ-ディネ-タ-の配置の拡大)肝炎定期検査助成
2、健栄研と連携したフレイル対策、3、災害時での多言語支援、4、地元の旧170号線の歩道整備、5、地元大東市四條畷市にあります飯盛城跡国史跡指定に向けて府の支援(令和3年度国史跡指定に向けて積極的に支援するとの答弁)でした。

質問内容は、こちらをクリックして下さい。

本会議一般質問(12月16日)

2019年9月定例議会(商工労働常任委員会質問、知事質問)
10月10日商工労働常任委員会

質問内容:女性の就業支援、若者への住宅付き就業支援、水素・燃料電池関連産業の振興、おおさかスマエネインダストリーネットワークについて

10月18日知事質問

内容(女性の就業支援について)

詳しくはこちらをクリックしてください。

 

G20大阪サミット開催に関する要望
2019年2月6日公明党府議会議員団で要望した内容です。
こちらをクリックして下さい。

「関西テレビ(8ch)
  2018年10月から毎週日曜 午後2:24~放送
  NMBの教えて!大阪府議会」
12月23日放映(より開かれた大阪府議会をめざして)

平成30年9月議会(都市住宅常任委員会)質問

平成30年9月定例議会都市住宅常任委員会 (10月16日)
「主な質問内容」
<>Q,土砂災害特別警戒区域内の補助制度が活用できるよう、</> 補助金交付要綱が必要であり、制度運用する市町村の拡大に取り組むべき
A, 速やかに府内の対象となるすべての市町村で制度運用されるよう、積極的に取り組んでいく
Q, 住民の避難行動を促進するための有効なソフト施策である土砂災害に関するタイムラインの策定状況と今後の取組みについて伺う
A, 市町村のタイムラインや地域のタイムライン策定に繋げていく。

Q、寝屋川流域(大東市・四條畷市域)における浸水対策について
伺う
A, 平成29年度末現在で、大東市及び四條畷市域に関連する下水道増補幹線の整備状況、浸水被害の軽減区域は、全体計画約1,500haのうち、約1,010haに広がっている
引続き、地下河川と下水道増補幹線の着実な整備を要望しました。
Q,旧国道170号の歩道整備事業と府道鴻池新田停車場線の歩行空間の確保について、現在の進捗状況と今後の取り組みについて伺う
A, 市や地元の皆様の協力をいただきながら、歩行者の安全確保に向けて取り組んでいく。
現在事業中の区間を早期に完了させ、旧国道170号の国道163号から中垣内交差点までの自転車交通量が多い区間や、通学路である鴻池新田停車場線の大阪生駒線から鴻池橋までの歩道未整備区間の歩道整備についても要望を行った。

Q,大阪住道線の整備について Ⅰ期区間の早期供用を図るとともにⅡ期区間についても早期事業化を図るべき。
A, 北側車線の歩道拡幅工事や電線共同溝等の工事をすすめることとしており、2020年度末を目標に4車線化が完成するよう取り組んでまいる。
Ⅱ期区間については、今年度末の都市計画事業認可取得に向け、国と協議を進めており、都市計画事業認可取得の後、つづいて、測量設計に着手する予定。

<>Q</> Q今年度末に開業するおおさか東線について、開業に向けた利用者への周知について伺う。
A,全線開業に向けた周知を行っている。

2018年9月議会都市住宅常任委員会

平成30年本会議(2月定例議会一般質問)での肝炎対策が進みました。

肝炎ウイルスの初回精密検査費用を助成

概要
大阪府は、肝炎ウイルス検査の結果が陽性の方を対象に、肝炎ウイルスの初回精密検査(医療保険適用のものに限る)を受けた際の検査費用の自己負担分を助成しています。また、肝炎専門医療機関を対象に、肝炎医療コーディネーターの配置に向けた養成研修の準備を進めています。

2018年2月定例会において、公明党府議団 内海久子議員(大東市・四條畷市選出)は、肝炎の重症化予防推進の一翼を担う肝炎医療コーディネーター事業について質問。府は、「肝疾患の専門的な治療を行う医療機関において、相談を担っている専門職200人を対象に取り組みを進める」と回答していました。 公明党は、府民の命と健康を守るため、国会議員、府議、市議が連携し、肝炎対策の拡充を進めていきます。

 

 

平成30年 都市住宅常任委員会視察

都市住宅常任委員会で東京、神奈川県に視察。
9月10日・11日、国立研究開発法人科学技術振興機構ではレジリエントな防災・減災機能の強化、ICTユニットの研究開発について、土木学会では、巨大災害対策について技術検討報告を聴きました。
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構では「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)のインフラ維持管理・更新・マネジメント技術開発や災害対応ロボットの開発、ドロ-ンの活用について、神奈川県住宅供給公社では、住宅ストックの再生、有効活用や団地コミニュティの活性化などのプロジェクトについて伺いました。
府民の安心・安全の為にこれらの先進事例を大阪での災害対応や住宅ストックに参考なりました。。

 

平成30年2月議会 府民文化常任委員会質問(3月14日)

 (質問内容)

1、「万博記念公園における指定管理者制度の導入について」「旧国際文学館の活用について」

  (内容はこちらをクリックしてご覧ください)   

2、「大阪ミュージアム地域魅力発信事業について」「大阪ストーリープロジェクトの今後の展開について

  (内容はこちらをクリックしてご覧ください)

3、「DV被害者への支援について」

  (内容はこちらをクリックしてご覧ください)

4、「OSAKA女性活躍推進会議の取り組みと成果について」

  (内容はこちらをクリックしてご覧ください)

 

(府民文化常任委員会質問)

平成30年2月議会一般質問

(質問内容)
1.「肝炎総合対策」事業について
 1 ウイルス性肝炎に係る定期検査の費用助成について伺う。
 2 「肝炎総合対策」の一環としての肝炎医療コーディネーター事業について伺う。
A,肝炎医療コーディネーターについては、肝炎の重症化予防に向けた検査の受診勧奨や治療に繋げるための支援という観点から、まずは、現在肝疾患の相談を行っている専門職200人を対象に取り組みを進めたい肝炎医療コーディネーターの府民への周知については、コーディネーターが配置されている相談窓口を明示するとともに、府のホームページでも公表してまいる。
2.性的マイノリティの人権問題の取り組みについて
 1 LGBT等性的マイノリティの人権問題の取り組みについて伺う。
 2 性的マイノリティ専門の相談窓口の設置について伺う。
 3 他部局と連携した人権問題の取り組みについて伺う。
 4 人権問題に係る知事のリーダーシップについて伺う。
A,来年度については、今年度の成果を踏まえつつ、引き続き理解増進の取組を進めてまいる。加えて、当事者の人権的配慮の観点から、改めて、行政文書における性別記載の点検・見直しを速やかに進めていく
A,知事 今後とも、性的マイノリティの人権問題の解決に向け、人権尊重の視点から、全庁でしっかりと取り組んでまいる。
3.企業における女性の働き方改革の推進について
 ・女性の活躍推進につながる企業の活動を促す取り組みについて伺う。
A,OSAKAしごとフィールドにおいて、企業主導型の保育施設の設置が進むように相談、助言しており、加えて、テレワークなどの柔軟な勤務形態やダイバーシティの取り組みにより女性職員の採用、定着に成功した事例等を積極的に中小企業に周知していく。
4.女性活躍推進、表彰制度の導入
 ・女性活躍を推進している事業者に対し、どのような取り組みを行うのか伺う。
A,「一般事業主行動計画」等について、中小企業等に策定を促す、新たな認証制度を今年度中に創設することとしている。
5.府道の整備状況等について
 1 大阪住道線の整備状況について伺う。大阪住道線1期区間の進捗状況と2期区間を含めた今後の見通しについて都市整備部長に伺う。
A,来年の春ごろには、道路の南側2車線が完成する予定であり、その後、引き続き、車線の切替えを行いながら、北側2車線の整備工事を進め、早期供用をめざす。
2期区間については、来年度に国の都市計画事業認可を取得し、続いて、測量及び設計等に着手する予定。 引き続き、大阪住道線の早期整備に向けて、着実に取り組んでいく。
 2 大東市域の歩道の安全対策について伺う。
大東市域の府道八尾枚方線と旧国道170号の、歩道の安全対策について質問する。
A,八尾枚方線のお示しの区間は、特定道路に該当しないが、通行に支障となっている箇所については、不具合のある側溝蓋の改良を行うなど、平成30年度から即効的な対策を行い、安全を確保していく。
旧国道170号の歩道整備事業については、中垣内交差点から鍋田橋までの延長約400mの区間において、平成26年度に現地測量を行い、平成27年度から境界確定や用地測量、詳細設計を進めており、中垣内交差点から約200mの区間について用地買収の準備が整った。
現在この区間において、順次、用地交渉を進めており、まとまった用地が取得できた箇所から工事着手し、着実に整備を進めていく。
6.JR野崎駅前への交番設置について
 ・JR野崎駅前に交番を設置するよう要望する

(2月本会議一般質問)

平成29年9月議会(府民文化常任委員会質疑)

1、女性活躍について (内容はこちらをクリックしてご覧ください)

2、性的マイノリティ(LGBT)支援について (内容はこちらをクリックしてご覧ください)

3、大阪ミュージアム 地域の魅力発信の強化について (内容はこちらをクリックしてご覧ください)

 

29年9月議会(府民文化常任委員会質疑)

平成29年5月議会 討論

「瑞穂の国記念小学院問題の調査に関する動議」の採決にあたり、会派代表しての見解

 内容はこちらをクリックしてご覧ください。

 

平成29年3月14日 2月議会 府民文化常任委員会

活動報告写真

 

Q,1.女性活躍推進、顕彰制度導入について
女性活躍を進めようと頑張っている人や企業の努力を称えるような、大阪らしさのある顕彰制度の導入をしてはどうか。


A,女性活躍に頑張って取り組む企業等の顕彰なども含め、応援する仕組みづくりについて来年度中に検討してまいりたい。
質問内容はこちらをクリックしてください


Q,2.DV防止基本計画の策定、DV防止対策
DV被害者を早期発見、通報、保護につながるよう、DV被害者への対応方法などをより積極的に周知することが必要と考えますがどうでしょうか


A,現場での対応方法等をまとめた、医療関係者向けや教職員向
けの「DV被害者対応マニュアル」を来年度改訂する予定。
マニュアルの改訂と併せ、研修会を定期的に開催し最新事例や課題についても情報提供していく
質問内容はこちらをクリックしてください

2月議会 府民文化常任委員


Q,3.地域魅力向上に向けた支援、地域魅力発信につて
大東市でも市制60周年を記念して、「三好長慶公武者行列」を開催し約300人がパレードに参加、4月2日には市内のだんじり34台中、27台が大集結するイベントを開催する。
府としても、こうした地域の魅力を積極的に発信していくべきと考えるがどうか。
A,市町村や地域団体などと連携しながら、ホームページやSNSなどをはじめとする様々な媒体、イベントなどの機会を活用して大阪の様々な魅力を発信する取組みを進めていく
質問内容はこちらをクリックしてください


Q,4.大阪ストーリープロジェクト事業について
大阪の多彩な魅力をうまくアピールすることで、府内各地に観光客を呼び込むまたとないチャンスにつながるのではないでしょうか。大阪ストーリープロジェクト事業については、大阪の多彩な魅力をうまくアピールする事業だと思いますが、具体的な事業の内容について伺う


A,ストーリーの検討にあたっては、インバウンド観光に関し知見を有する者や、観光振興によるまちづくりや地域活性化の実践者などからアドバイスをいただく予定。
また、地域の魅力あるコンテンツを熟知している市町村が参画する場を設け、積極的な市町村の意向を踏まえながら、連携して取組みを進めていく。
質問内容はこちらをクリックしてください

2月議会 府民文化常任委員


Q、5、ピースおおさかがその役割を果たしていくために、大阪府としてどう取り組んでいくの


A,展示については、府民から寄せられた御意見・御指摘を踏まえ、運営財団において、解説文について誤解が生じないようより適切な表記に改める、
ピースおおさかが「大阪空襲を語り継ぐ 平和ミュージアム」として、その魅力を一層高められるよう、引き続き大阪市と連携しながら取り組んでまいる。
質問内容はこちらをクリックしてください


Q6、,総領事館・領事館ネットワークについて


A,総領事等からのご意見を今後の取り組みに活かすなど、各国総領事館とのネットワークを最大限活用してまいりたい。
質問内容はこちらをクリックしてください


平成28年10月14日 9月議会 府民文化常任委員会

活動報告写真

 

1.女性活躍推進について「事業主行動計画策定」への企業支援について
 質問内容はこちらをクリックして下さい

2.性的マイノリティ支援
 質問内容はこちらをクリックして下さい

3.府立江之子島文化芸術創造センターについて
 質問内容はこちらをクリックして下さい

4.ド-ンセンターにおける男女共同参加事業について
 質問内容はこちらをクリックして下さい

5.ホストタウン登録への取り組みについて
 質問内容はこちらをクリックして下さい


平成28年10月26日 9月定例本会議 一般質問

活動報告写真

女性の視点での5項目の質問です。
「性暴力救援センター・おおさかSAHICOについて」
1.性暴力被害者支援ネットワークに参加する協力医療機関について
2.性暴力暴力被害者支援ネットワークの周知啓発について
3.大阪SAHICOへの財政支援について
「妊娠から子育てまで一貫した母子支援について」
1.子育て世代包括支援センターの設置推進について
2.子育て世代包括支援センターの事業推進のための市町村支援について
「府における肝炎対策について」
「食品ロスについて」
1.食品ロスの削減について廃棄物削減の観点からどのように取り組むのか
2.府食育計画における食品ロスの削減について
3.全庁横断的な取り組むが必要ではないか
地元大東市、四條畷市の要望でもあります「飯盛城の国史跡指定について」
1.国史跡指定に向けた取り組む状況について
2.悉皆調査の取り組むについて
質問内容はこちらをクリックして下さい


平成28年6月10日 5月定例議会

活動報告写真

大阪府議会は、JR大阪駅の観光案内所の機能を強化する整備費を含む総額2億4383万円の一般会計補正予算案を公明、大阪維新の会、自民の賛成多数で可決し、5月定例会を閉会しました。
また、5月定例議会で常任委員会が決まりました。
私の所属は府民文化常任委員会委員決算委員会委員です。